« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

Earth 78レコーディング最終日

レコーディング最終日、ミックスです。
この日は音を録るという作業は一切しないのですが、
ミックスと言う曲の印象を良くも悪くも変える大変重要な作業なのです。

簡単に言うと、
・各パートの音量バランス
・各パートの定位(ギターを右寄りにしてとか)
・各パートの音の質感(スネアの高音をもっと出したいとか)
・各パートへのエフェクト(ボーカルにエコー等)

と言うちょこちょこした編集をして、
曲をより良い雰囲気にするという作業なのです。

これをきちんとしないと、安っぽくなってしまったりするのです。
なので、音を録る日と同じくらい重要な1日。

まず今日は録ったスタジオとは別のスタジオ。070824_123501_edited

その1

ミキサー中央部にパソコンの画像を表示するモニターがある!
すげぇ。ココにも本気を感じます。

んで、そんなミキサーを前にして、

070824_121101_editedその2

各パートの音色について話し合うメンバー。
この時にはバスドラムをもっと効かせたいと言う事で、
あーだこーだ。

そんなんしながらも

070824_174701_edited その3

スタジオの風景を撮るシモさん。

そんな姿をちゃっかり僕は撮ってしまうのです。

そんな中で色々やりとり。
悩み、解決の連続。

070824_174702_edited んで朝10時から夕方18時までのミックスは終了。

3日間のタップリとしたレコーディングは終了したのです。
まだ更に全体をまとめ上げるマスタリングと言う作業が残っていますが、
ソレは後日との事。
でもかなり満足のいく出来になったと思います。

んで、
終わった後はモチロン、

070824_202101_edited 打ち上げました!

070824_202102_edited うちあげました。

070824_202201_edited ウチアゲマシタ。

070824_202202_edited UCHIAGEMASHITA。

そんなこんなで全部終了。
メンバーは2次会に行くとの事でしたが、
僕は残念ながら、9/8のビッグバンドの譜面を取りに行かなくてはならず、
ここで解散。
楽しい3日間だったのです。

さぁ、安心してはいられません。
この後にはGenocider's Big Bandのスケジュールが入っています。
普段Jazzをやらない僕が、Big Bandです。
しえぇー。
気合入れてがんばらなくては。

そんなGenocider's Big Bandのコクチ。
9/8(土)
Genocider's Big Band
at江古田Buddy

メンバー
稲田恭子、谷田部善行,渡部将人(sax)
小出儀嗣,伊計ひろし、谷川美和、関口友美(tp)
鈴木大納言、石川亮介、滝澤拓郎、土屋雷太(tb)
川田俊介(gt)谷口シュータ(p、key)大竹信之(b)石田のマサ(dr)
GUEST渋江基靖、山田ボム(vo)
ルームメイツ AKARU,CHISA,CHIHIRO

Open 18:30 / Start 19:30
チケット2500円(+Drink)

自分、頑張りますので是非見に来てください!
もし来れそうと言う方は、メール(←クリックするとメールできるよ)で、
お名前、枚数を記入して送ってください!
ご予約できます!

是非!

| | コメント (1)

Earth 78レコーディング2日目

Earth 78のレコーディングつづき

さぁ、日が開いてしまいましたが、レコーディングの続きです。
第2日目はアコギ&ヴォーカル録りです。

本日のマイク。070822_105601_edited
ノイマンと言う会社のマイクで、1本60万円!するとの事。
これを2本立ててアコギを録るのです。
しかもこのマイク、中に真空管が入っていまして、
録る前に電気を通して暖めておかなくてはならないマイクなのです。
すんげぇー。

かっけぇ…。

070822_105602_editedそんな高級マイクに囲まれてこれからアコギのレコーディング、
アリクニ君。入念にギターのチェック。

と、

そんなアコギのレコーディング無事終わり。

今度はヴォーカル録りです。

070822_134801_edited これからヴォーカル録りのうぃさん。
泣いても笑っても今日しか録る日はありません。
心なしか緊張の面持ちか?

と、そんな唄を録るマイクがまた凄かったのです。

こんなのだったのです。

本日のマイクその2。
070822_105701_editedソニー製マイクロフォン。
今回はコレが最高額商品でございまして、
な、なんと、

80万円!!(どどーん)

とのこと。
す、すげぇ。。。
僕の今の車より高い…。

あまりにも高額なのでレコーディングスタッフのパンチョ君が写ってしまっています。

070822_134901_edited とりあえず、また別の角度から。

ここには同じくスタッフのユタカ君が写っています。

いつかこんなものをポイと買える様になりたいものです。

それと

唄をレコーディング中の風景。

070822_155001_edited まぁこんな感じで2日目も無事に終わったのです。

そしてアリクニ氏、青木氏、そして僕で3人で夜ご飯。
デニーズでお腹減っていたのでちょいと奮発。
カプリッチョコースなるものを頼んじゃいました。
この中で、特に「とろ~り卵とチーズのオムライス」が美味かった!
チーズ最高!

070822_200401_edited 写真の右上のオムライス!

3日目に続く。。。

| | コメント (0)

Earth 78レコーディング初日

この間のオルガンのときにもチラッとお話はしましたが、
今日は、わがEarth 78の初レコーディングだったのです!

ひろーいスタジオで!
リッチな設備で、
今回は1曲をレコーディングしてきたのです。

今日はその第1日目。
リズム隊レコーディングです!

今日はそんなレコーディング風景を写真集的な感じでお送りします。
070821_102601_edited その1
セッティングしたオルガン。
奥に見えるのはロータリースピーカーPro3。
暖かい音を出すのです。

そして

070821_102701_editedその2
「撮る人を撮る人を撮る」
広いスタジオに感激し、ブログ用にと写真を撮るうぃさん(Vo.)
その撮っているところを撮るシモさん(Dr.)
そんな2人を撮ってみました。

んで

070821_102702_edited その3
ドラムにマイクをセッティングする今回のレコーディングスタッフの一人、
パンチョ君。

つぎは

070821_102703_edited その4
エレキギターをセッティングするアリクニ氏(Gt.)。
勝手に写真を撮ると肖像権で訴えるとの事。
おぉ、コワヤコワヤ。

070821_112801_edited その5
ドラムのサウンドチェック中のシモさん。

それでまた

070821_112802_edited その6
カメラに気付き、笑顔。

おつぎは

070821_112901_edited その7
同じくサウンドチェック中の僕。
無事に音が出ました。
良かった良かった。

そしておなじく

070821_112803_edited その8
そしてカメラに気付き、カメラ目線。

こんどは

070821_112902_edited その9
ベースのチェック中LOW-KEYこと青木氏(Ba.)
この後彼はドアに足をぶつけ、ブルーに。

そいで

070821_115101_edited その10
今日の機材。
ベリンガーの真空管プリアンプ、
TUBE ULTRAGAIN MIC100
暖かいオルガンサウンドを更に暖かくする為に、
オルガンとスピーカーの間に接続!
いつも使っていて手放せない存在です。
実は川田君(Gt.)に別の機材と物々交換をして頂きました。

070821_162301_edited その11
本気印のレコーディングシステム、Pro Tools。
いまや世界中のプロのレコーディングの定番です。

それと

070821_162302_edited その12
でっけーミキサー。
これからも本気の匂いがひしひしと伝わってきます。

そんな機材を使ってレコーディングしてきました!
いやー、良い環境だった。
バンドで良い環境で録れると大満足です。
上手く、リズム隊レコーディングは終了しまして、
明日はアコギ&ボーカルレコーディングです。

070821_165901_edited その13
明日のレコーディング用にアコギのセッティングの
アリクニ氏。

明日も楽しみだ!
ちなみに今回何の曲を録ったかはまだナイショなのです。

| | コメント (0)

機材(オルガン編)

昨日はライブ後のオヤスミだったのですが、
何もしない訳じゃなく、重要な任務があったのです。

それは、機材のチェックです。
今回チェックしたのはこんな機材。070815_223601_edited

Korg CX-3と言うオルガンです。

ついでにロータリースピーカーPro3も。

このオルガンはなんと30年近く前の製品でして、
いわゆるビンテージと言うモノです。

このオルガンは、自分のお師匠さんである石井為人さんからのお借りモノ。
実は、今月Earth 78でレコーディングをすることになりまして、
その録音にシンセのオルガンではなく、実物を使ってしまいましょう!
って事でお借りしたのです。

ただ、ともあれ30年近く前のシロモノです。
きちんと音が出るかどうかという事で、
本日はチェックさせて頂きました。

ついでにMotion SoundのPro3というロータリースピーカーに関しても。
ポップスやロックで使われるオルガンと言うものは、
教会で使われているパイプオルガンの代わりと言うカタチで製作されました。
最も有名なのがHammondのB-3と言うオルガンです。

でもこの代わりのオルガンと言うものはそのままで音を出すと「ピー」とか「ポー」という
直線的な音のみなのです。
コレをパイプオルガンのように会場を包み込むような音にする為に開発されたのが
ロータリースピーカーと言うものです。
高音部を発音するツイーターと低音部のドラム部をそれぞれモーターで回転させ、
どこから音が出ているのか分からない様な会場を包み込むような効果を発生させているのです。
コレに関してはLeslieと言う会社が最も有名。

このハモンドオルガンとレスリースピーカーと言う2つのセットで、
今のポップスやロック等で聴こえるオルガンサウンドはできているのです。

そんでそんなオルガンを国産でも再現しようとしたのが、今回のKorg CX-3なのです。
今回のコレは1段鍵盤(通常のオルガンは2段鍵盤)なので軽量です。
そしてロータリースピーカーの高音部だけを回転させ、
低域はシュミレートにしたのがPro3と言うスピーカーなのです。

そして実際に繋げて音を出してみました。

ほわー♪

鳴りました!良かった!
しかも超良い音!
これで今回のレコーディングも使用できそうです。
楽しみ!

夜は夜でこんな感じでTabowさんの新曲製作。070816_004201_edited
こちらもイイカンジの曲が出来上がりそうですよ。

んで今日はこれからEarth 78のリハです。
明日は八王子でライブなので気合入れて行って来ます!

| | コメント (0)

らいぶよてい

久々のライブ予定

8/17(金)
Earth 78
at八王子Club Havana

CLUB HAVANA PRESENTS ■轟音共鳴VOL.140■
出演
vroom/METAL FISH/SOLDIER'Z/マイトレイヤー/earth78

メインの活動のEarth 78です。

18:00 Open / 18:30 Start
チケット前売り:1500円/当日:1800円
出演は19:10~の予定

9/8(土)
Genocider's Big Band
at江古田BUDDY

JAZZ&ROCKのビッグバンドです。
チケット:2500円

9/14(金)
Earth 78
at浅草KURAWOOD

詳細未定

9/16(日)
太田貴子
at新宿RUIDO K4

受付終了

9/26(水)
Earth 78
at新宿MARZ

18:00 Open / 18:30 Start
チケット前売り:2000円/当日:2300円
出演
もと知らない人 / EARTH78 / white scooper /
倉沢桃子 / RINGHIO / LOVE LIFE LIV

近いところはこんなトコ。
ほかにもボチボチ入りそうですが、ソレはまた決まってからで。

| | コメント (0)

あしたもらいぶ

やべぇ、いま俺の部屋の網戸にセミが何度もバチバチぶつかってきてる。
このまま鳴かれたらウルサくて眠れん。ピンチだ。

今日は家族で墓参り→川遊びな1日。
お盆らしくね。
滝に行ってマイナスイオンをタップリ浴びてきました。
最近マイナスイオンって聞かないなぁ。
でもこれで明日は良い演奏できるかな?

そんな明日はまたまたTabowさんのライブなのです。
8/13(月)
岡口 貴志http://okaguchitakashi.com/
at渋谷Ruido K2
http://www.ruido.org/k2/

出演
岡口貴志/サイケ&キューピッド/ACMEaccele/LENGA/
前売\2000/当日\2500(D代別)
OPEN/17:45 START/18:15
20時20分より出演予定です

暑いですがよろしくねぃ。

| | コメント (0)

なつだるな日

今日はもともとTabowさんのリハの予定だったんだけど、
ひょんな事で中止に。

んで、どこかに行こうかなぁ?
とか思っていたんだけど、外あっついんでやめた。
結局家で引きこもり。

なので特に書くことも無いのだ。

あ"~。暑い。
こう暑いと飲み物ガブガブ飲んじゃうよ。
アイスコーヒーに冷たいお茶にコーク!
あとでお腹冷えちゃったりするんだよね・・・。

外に出たのは楓の散歩と家族の迎えだけだった。

まぁ、日ごろの体力を回復できたんでよしとしよう!

あぁー早く冬にならないかなぁ。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »